矯正歯科の最新技術CHECK│白い歯でにっこり笑顔

歯科

様々な治療方法

歯医者

歯科の中には、一般歯科やインプラント、審美歯科等様々な歯科治療が行なわれています。その中でも、最近多くの技術が開発されているものが、矯正歯科です。歯の矯正というと独自の器具を歯につけていくことが多いので、なかなか挑戦しようにも器具が気になるという人も沢山います。最近では、歯の表面ではなく歯の裏側に器具をつけていくということも出てきました。歯の裏側に器具をつけることにより、一見すると矯正を行っているようには見えません。また、上の歯列は歯の裏側に矯正器具を取り付けて、下の歯列には表面に取り付けるという方法で矯正を行うこともあります。下の歯列は唇に隠れて見えにくいということや歯の裏側につけることにより舌が当たるという不快感を感じにくくすることができます。

最近、京都の歯科矯正で注目されている技術がマウスピース歯科矯正という技術です。歯科矯正のために利用できるマウスピースを歯にはめていくというもので、海外では広く普及している方法です。透明で殆ど見えずに取り外しが可能なことから歯磨きもしやすく虫歯や歯肉炎になりくいという点が特徴です。なお、この矯正は誰にでも出来るというものではありません。歯の状況によってはできないこともあるので歯科医院に相談することが必要です。歯科医院ではその人の希望や歯の状況に合わせて最適な治療方法を提案してくれます。医師と相談を行い、納得の上で治療を受けることで歯並びを美しく治していくことが可能になります。

器具の進化

歯医者

京都の歯科の中でも矯正歯科は人気が高いです。歯に矯正器具を取り付けて行うものですが、最近では歯の裏側から治療を行っていくものもあれば、半透明で目立たないような器具もあります。

Read More

目立たなくさせる器具

歯医者

京都の矯正歯科の中には、ハーフリンガル歯科矯正という技術があります。上の歯列は歯の裏側で矯正を行い、下の歯は表面に器具をつけるというものです。半透明なタイプのものをつけていくことでさらに目立たなくさせることができます。

Read More

マウスピースの利用

女性

京都で最近行われている治療として、マウスピースを利用した歯科矯正があります。独自のマウスピースを歯にはめて治療を行うというもので、透明で取り外しが可能なことから歯磨きもしやすいというメリットが得られます。

Read More